2018年01月01日

新春名古屋城

新年おめでとうございます。
名古屋城の絵は難しく、気後れしましたが描いてみました。
1600年(慶長5年)関ヶ原の合戦に勝利した徳川家康は西日本の押さえとして那古野城跡に名古屋城を築きました。
石垣や堀の工事は西国、四国、九州、の外様大名多数による天下普請で行われました。城は家康の9男義直に統治されて来ました。
築城から明治維新までの間、名古屋城が戦場になることはありませんでした。堅固で壮大な城と軍備が隙を与えなかったのでしょう。
今の時代にも当てはまると思います。戦争をしないため、侵略されないための防御の軍備は最小限必要と思います。

この記事へのトラックバックURL

http://ouret.mediacat-blog.jp/t125874