2017年12月06日

名古屋城西南隅櫓

名古屋城の西北にお濠があり、堀越に見るお城は美しい。西南隅櫓は2層3階で天守閣と同時期の1612年に完成しています。隅櫓は攻めてくる敵の動きをここで監視したり防戦する役割は重要でした。名古屋城の四隅に、東北隅櫓、西北隅櫓、東南隅櫓、西南隅櫓とありましたが東北隅櫓は消失して現在は3つの隅櫓が残っております。絵に描いた西南隅櫓平成22年から26年にかけて修復が行われました。2017年11月9日に内部の特別公開が行われたようですが、残念ながら見逃しました。次回公開の際はぜひとも参観したいと思っています。

この記事へのトラックバックURL

http://ouret.mediacat-blog.jp/t125460